ZIP水曜日のコーナー「流行ニュースBOOMERS!」

本日は、日本のモンブランの発祥のお店や有名パティシエのお店など、
スイーツの激戦区といわれている「自由が丘」を調査!

最近の自由が丘には、カナダ発の人気スイーツ店が上陸したり、
1日2000個を売り上げたという人気のドーナツ専門店が出店!

一方、老舗の有名なスイーツ店も存在しているため、現在「自由が丘」では「新店VS老舗」のスイーツバトルが起きているというのです!

そこでZIPは自由が丘の最新スイーツを徹底調査!

自由が丘スイーツ対決
 

自由が丘スイーツ対決

 

ビーバーテイルズ・自由が丘店 VS 蜂の家・自由が丘店

ビーバーテイルズ・自由が丘店

今月にオープンしたというこちらのお店。
カナダ発祥の小麦粉の生地を揚げたスイーツのお店で日本初上陸なのです。

アメリカのオバマ大統領も愛したというスイーツで、
一番人気は「シナモンシュガー+レモン/430円」

ビーバーのしっぽをイメージしているスイーツですが、意外と大きさがあります。

手で生地をのばすことでデコボコできて、
揚げた時に色々な食感が楽しめるスイーツになっています!

 
蜂の家・自由が丘店

創業50年をこえる名店で、色とりどりの「まゆ最中」が有名です。
そしてこちらのお店の新作メニューは「おいもこいも/200円」。

見た目はマフィンのような感じのため、和菓子には見えないのですが、さつまいも・白あん・バターをあわせた生地に大納言を入れて焼き上げた、和風のスイーツです。

 

イクミママのどうぶつドーナツ・自由が丘店 VS 亀屋万年堂・自由が丘総本店

イクミママのどうぶつドーナツ・自由が丘店

一日2000個を売り上げたこともあるという「イクミママのどうぶつドーナツ」が自由が丘に初出店しました。

70種類以上の動物の形をしたドーナツが、日替わりでお店に並びます。
このどうぶつドーナツですが、一つ一つ手作業で作られているといいます!

そしてこちらのお店の一番人気は「こねこのミケ/280円」

ホワイトチョコとコーヒーチョコでコーティングされた
猫の形のドーナツになっています。

また、素材にもこだわりがあり、特注の小麦粉に
オリジナル配合の油を使用して作られているのです。

亀屋万年堂・自由が丘総本店

創業70年を迎えるこちらのお店、誰もが知っている昔からの和菓子やさんですよね。
有名な商品をいえば、ふわっとした生地にクリームがはさんである「ナボナ」!

そんな老舗の新作メニューは「ナボナアフォガート小倉汁粉/850円」

なにやら定食のように見えるこのメニューですが、おぼんの上には、ソフトクリームがはさまれているナボナを中心に、栗や白玉などが添えてある大皿、汁物が入っているポットが置かれていまして、スプーンとフォークもセットされています。

ポットの中身は、あつあつの「粒あんおしるこ」になっていて、ナボナの上にかけていただきます。

 

新店も老舗もそれぞれの特徴と良さがあり、勝敗をつけるのは難しそうですね。

無性にスイーツが食べたくなった時は、新旧名店が揃うスイーツの街「自由が丘」にGO!ZIPの自由が丘スイーツ対決でした。