味覚の秋!その代表的な食べ物の中に「栗」がありますよね。

そこで今日のZIPでは、東京23区にあるケーキ屋さんのモンブランに注目しました!

テーマは「スイーツ専門家が徹底分析!東京23区極上モンブランランキング!」

モンブラン

今回は3人の専門家の方々が、味・コスパ・ルックス・技術を各10点で採点し、合計120点満点で評価します。

その専門家とは、スイーツジャーナリストの平石理緒さん・スイーツ男子ブロガーのあまいけいきさん。
そして、東京スイーツ&カフェ専門学校講師の大石栄子さんです。

各ランキングごとにポイント数と価格、専門家の感想を見てみたいと思います!

 

まず第3位は・・・

目黒区東山にある「パティスリー1904」 90/120pt 500円

タルトに塩味をきかせて、濃厚な甘さのマロンクリームとバランスを取っている。
またマロンクリームがビシッとそろっていて、見た目もとてもキレイに仕上がっている。

 

続いて第2位は・・・

葛飾区金町にある「ラ・ローズ・ジャポネ」 99/120pt 464円

何層にも重ねて仕上げたモンブランを安価で提供しているお店。

マロンクリームに生クリームを加え、甘すぎず食べやすく仕上げているため
年齢を問わず美味しく頂けるモンブランである。

またルックスに関しては、マロンクリームの絞り口金を2種類使い分けているため、
キレイな見た目に仕上がっている。

 

そして栄光の第1位は・・・

目黒区上目黒にある「エコール・クリオロ」 105/120pt 540円

どこから始まってどこで終わっているのかわからないぐらい、クリームを均等に絞っていて、

プロでもなかなか真似できない技!

またメレンゲをチョコレートでコーティングして、湿気から守り、
ケーキの下から見ること、メレンゲ・チョコレート・スポンジ・マロンクリームにラム酒と生クリームを何層にもなっていて、パティシエの技術を駆使した構成になっている。

 

専門家もうなる、今回のスイーツ対決!

秋の毎日を、たまには財布のひもを緩めて、美味しいスイーツでホッと一息もいいものです!