先日の「ZIP」で取り上げられていたニュースでびっくりしました。
そのニュースとは「キュウリで食中毒!」。

全米でキュウリによる食中毒が発生し、感染者は550人を超えているといいます。
そしてカリフォルニア、アリゾナ、テキサスの3州でそれぞれ一人ずつの死者も出たとか・・。

とても安全だと思われるキュウリで、何故食中毒が発生してしまったのでしょうか。

米疾病センターの調査によると、メキシコから輸入したキュウリに、
「サルモネラ菌」というものが付着していたのが原因と見られています。

この「サルモネラ菌」ですが、人間や動物の腸内が主な生息域であります。
人間や動物に害のないものもあれば、食中毒を引き起こすものもあります。

日本のお野菜はほとんどが国内産ですが、たまに海外のものもあると思いますので、
海外のものを買う時は注意するよう番組でも呼びかけています。

きゅうりでも安心できなくなりましたね♪