日本人の2人に1人がかかり、また3人に1人が亡くなると言われている病気。

それは「ガン」です。

この「ガン」から自分の身を守るには、早期発見が重要なカギとなります。

そこで今日のZIPでは、

女性90人(正規会社員30人・パートアルバイト30人・専業主婦30人)に、ガン検診を受けているかを調査しました。

その結果は、ガン検診を受けている人は56人、受けていない人は34人でした。

そしてこの人数の内訳で気になったことが一つありまして、
専業主婦の受診者が、働いている人よりも少なかったことです。

その理由としては、やはり一番多いのは「育児」。

我が家も娘が小さい時は、とにかくじっとしていなかったので、
私が風邪で病院に行った時は、先生が子供好きで娘を膝の上に
座らせてくださっていたので、この時に診察を受けていたこともありました。

小さなお子さんがいると、一緒に病院に連れていくのも大変なことですよね・・。

もしご家族かご近所で、検診に行っている間だけでも
子供を預かって頂けるといいのですが・・。

がん検診

また他には、まだ年齢が若いから必要ない
といった理由もあがっていたようですが、

今は年齢が若くても、リスクを抱えることも大いにあると思います。

元気で年を重ねられるように、検診することをお勧めします。

最後に、一定の年齢に達した方は、お住まいの自治体から
「ガン検診の案内」が届きます。
これは普通に検診を受けるよりも、かなりお安くなります。

この機会にお得に検診を受けて、安心した生活を送ってみてはいかがですか!