膀胱炎の最新情報を紹介! 〜きょうの健康〜

膀胱炎 きょうの健康

2月15日のきょうの健康で、「膀胱(ぼうこう)炎」について最新情報を放送していました。

泌尿器の病気って、なかなか他人には話せない病気だと思います。
今回は、中でも馴染みのある「膀胱(ぼうこう)炎」についてです。
私の母も数年前膀胱炎になりまして、すごく辛そうだったのを今でも覚えています。
仕事柄、自由な時間にトイレに行けないのも原因の一つだと思いますが、他の原因はなんでしょうか?

膀胱炎

[br num=”2″]

一般的な膀胱炎、急性膀胱炎

排尿の終わり頃に痛みが出る、頻尿、残尿感、膀胱の痛み、尿が白く濁る、拭いた紙に血がつく

急性膀胱炎は、女性に多い病気で、大腸炎が原因でなることが多いそうです。
これは女性の体の構造が理由で、肛門から尿道に細菌が入りやすいためです。
抗菌薬で治すことが多いそうです。
[br num=”2″]

急性膀胱炎を繰り返さないために

急性膀胱炎は繰り返してしまうことが多いそうです。
まずは常に清潔にしておくことが肝心です!
●薬は、治るまできちんと飲みきる
●トイレでは、前から後ろに拭くことを心がける
●便秘に注意
●性交渉前のシャワー、後は早めに排尿
●生理中のパッドはまめに交換すること
●トイレは我慢せず、尿意を感じたらなるべく早く行く

[br num=”2″]

急性膀胱炎によく似た、間質性膀胱炎

激しい頻尿尿がたまるにつれて激しい痛みが出たり、圧迫感がある、排尿すると楽になる

急性膀胱炎と症状が似ているが、原因が違うので抗菌薬が効かない。
膀胱の表面にある粘膜層が破れ、粘膜の下の深い場所に痛みを感じるのが原因だと言われています。

病院でも、急性膀胱炎と間違えてしまうことがあるそうなので、
もし「急性膀胱炎」と診断されて薬を飲むのに改善されない場合は、
慢性膀胱炎を疑うべきかもしれません。

間質性膀胱炎の治療には、症状を緩和する、
三環系抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、抗コリン薬、抗アレルギー薬
を使用するそうです。
膀胱水圧拡張術や、経尿道的潰瘍焼しゃく術という手術をすることも。

[br num=”2″]

そのほかの膀胱炎について

慢性膀胱炎
急性膀胱炎と同じような症状、痛みがある
原因は、膀胱結石、カテーテルの長期留置
思い当たるときは早めに病院へ。
特に尿道結石は激しい痛みを感じるそうですよ…!

薬剤性膀胱炎
主な症状は血尿
服用している薬が原因で起こる膀胱炎なので、原因である薬をやめると治る

放射線性膀胱炎
上記に同じく、血尿が主な症状。
子宮がんの治療で、子宮に放射線を当て治療をするが、
子宮と膀胱が近いため、膀胱に症状が出てしまうのが原因。

薬剤性膀胱炎と放射線性膀胱炎の治療は、
高圧酸素療法という機械の中に入って治療することがある。

[br num=”2″]
いかがでしたか?

泌尿器の悩みってなかなか人に言えないですよね。
ですが、痛みを我慢してもいいことなんてありません!
違和感を感じたらすぐに病院を受診されてくださいね。

清潔に保ち、トイレは我慢しない。
これをきちんと覚えてしっかり予防したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました