「マイナンバー拒否」できる!?受取り方法をビビットで解説。

認知症予防 ビビット

10月23日から始まったマイナンバー通知の配達。

11月下旬までには配布完了予定というので、
まだ届いていない皆さんももうすぐ到着すると思います。

北海道・青森県・千葉県・富山県など一部の地域ではもう届いているかもしれません。

国民全員に届く「マイナンバー」を、
本日の「ビビット」では、今一度再確認してくれました。

何度も繰り返しになりますが、
マイナンバー通知は郵便配達の人によって、郵便局の簡易書留で本人に届けられます。

実際にマイナンバー通知を受け取られた方が驚いたことがあるとおっしゃったのは、
家族のマイナンバーが、連番ではなくてみんなバラバラになっているということ。

ここにも様々な理由があるのだと思います。

そしてこのマイナンバー通知カードは、本人手渡しの簡易書留なので、
用事やお仕事で不在の場合は受け取れないわけですが、
その場合は普通の郵便物と同様に、不在通知がポストに入っています(ピンク色)。

この不在通知が投函されていた場合は「1週間」郵便局で保管してくれます。

しかし、この1週間の間にも受け取ることができなかった場合は、
市などの自治体に戻されてしまいます。

自治体に戻られてしまったマイナンバー通知カードは、
その自治体に「3か月」保管されますので、その間に取りに行く必要があるのです。

もしも、この3か月の間にも取りに行くことができなかった場合は・・・
その通知カードは一旦破棄されてしまいますので、

その後にもう一度マイナンバーを再発行してもらうことになってしまうのです。
しかも手数料がかかるといいます。

何だかまだまだ理解できないことが多い「マイナンバー制度」ですが、
もし「マイナンバーカードはいらない!」といった場合・・・

マイナンバー受取り拒否はできると思いますし、現状では罰則というものも存在しないようです。

ただ、仕事をされている人は勤務先にもマイナンバーを登録することになるといいます。

仮に受け取らなかったとしても、
国民全員に必ず個人のナンバーが振り分けられていることには変わりはないです。

大切な自分自身の番号。

中には、犯罪を避けるために「到着したら捨ててしまう!」なんて方もいるようですが、このお気持ちは少し理解!?しつつも、やはり大事に保管していたほうが良さそうです。

「マイナンバー拒否」よりも国民の1人としてしっかり受け取られることをお勧めします!

タイトルとURLをコピーしました